観光学Ⅰ(庄内・山形)、観光学Ⅱ(日本)、観光学Ⅲ(世界)の授業で、地域、日本、世界の観光資源、歴史、風土、ツーリズムを学習します。

 

観光英語、観光日本語、観光礼作法の授業ではツーリズムビジネスに必要となるスキルを実践的授業で学習します。

 

旅行業務取扱管理者の資格や、旅行・観光・ホテル・レストランサービスで求められる英語力を身につける観光英語検定の級取得も目指します。

 


長期休みを中心にホテルや旅館などで働き、社会経験を積むことができる「CO-OP(コーオプ)」教育プログラムを行います。

酒田市、鶴岡市のほか、鶴岡工業高等専門学校、庄内観光コンベンション協会、地元旅館組合などと連携したプログラムは、一般的なインターンシップとは異なり、労働報酬も受け取れるのが特徴で、より責任のある仕事が経験できます。

また、希望者は通年で旅館などに住み込むことも可能です。「観光に興味はあるけれど、遠いから通えない」という皆さんも安心して学習できます。

観光・専攻への期待!!

観光・地域創生専攻は、観光の「チカラ」でたくさんの笑顔に出会える。

ネットワーク

県内高校で初の「観光・地域創生専攻」の開設に、地域の活性化、若者の地元定着、観光産業の発展などの期待が寄せられています。

テクノロジー

鶴岡工業高等専門学校との連携により、ビッグデータの分析による理論的裏付けに基づく「新しい観光」のビジネスモデル構築を目指します。


プロフェッショナル

観光・地域創生専攻 特別講師(予定)

東北インアウトバウンド連合

理事長 西谷 雷佐

「観光」という言葉の意味が、今大きくパラダイムシフトしています。かつて「観光の仕事」と言えば、旅行会社やホテル、観光施設で働く事を意味しましたが、今は農業や主婦の方も「観光人材」として活躍できる時代です。観光はあらゆる産業を巻き込む力と可能性を秘めています。そのさらなる発展には、みなさんのような若い力が不可欠です。楽しみながら観光を学び、接続可能な観光地域づくりの原動力となってくれる事を心から期待します。