本校空手道部監督による暴力行為について(お詫び)

日頃より本校の教育に対しまして、ご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 

今般、各マスコミ機関により報道されましたが、本校空手道部監督による「指導における暴力行為」が過去に行われていたことが複数の証言により判明しました。内容については、ほぼ報道されている通りと考えております。教育現場での暴力は決してあってはならないことで、このような事態を未然に防ぐことができなかったことを深く反省し、学校教育に携わる皆様、空手道界の皆様、また、全国の皆様に多大なるご心痛を与えてしまったことを心よりお詫び申し上げます。

 

本校といたしましては、二度とこのような事態が起きないよう、猛省し、第三者を加えた部活動管理委員会(仮称)を早急に立ち上げ、新しい体制整備にむけて取り組み始めたところでございます。

 

今後は、悔悟憤発し、課題に正面から取り組み、身を正して、皆様の信頼を回復できるよう、精進努力してまいりますので、どうぞご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

酒田南高等学校

校長 中原 浩子